賃貸契約の注意

メンズ

賃貸物件を探している方の中で家賃保証について疑問に感じる方がいるでしょう。家賃保証は契約者が家賃を支払えてなかった場合に保証サービスを行なっている業者が代理で支払うという内容になっています。しかし、賃貸契約時に連帯保証人もつけているのにも関わらず家賃保証も行わなくてはならない場合があります。これは二重で家賃回収の対策を立てていると考えても問題ありません。この場合、賃貸契約書に家賃保証が含まれていると家賃保証サービスを断ることが出来なくなります。もし、どちらかにしたいのであれば事前に不動産会社に確認するようにしましょう。
家賃保証のサービスは連帯保証人の立てづらい方にとってはメリットになりますが、連帯保証人を用意出来る方にはデメリットになります。家賃保証の場合は契約時に家賃の1ヵ月分を保証会社に支払わなければいけないので、初期費用が高くなってしまうのです。あくまでも保証なのでうっかり入金し忘れたり、振込日を間違えてしまったりするケースには便利なサービスになります。また、一度も家賃の遅延がなく引っ越しを行なう場合には支払った保証金が返金されるかどうかもきちんと調べておく必要があります。家賃保証サービスを行なっている業者の中には保証金の返金を行なっていない業者もあるので支払った金額が無駄にならないためにも注意が必要です。賃貸契約時にはこうした注意事項がいくつかあるので契約書にサインをする前にはしっかり確認するようにしましょう。