保証サービス

ウーマン

家賃債務保証とは、賃貸物件の契約時に契約者が万が一家賃を支払うことができなかった場合に立て替えを行なう保証になります。最近ではこの家賃債務保証を行なう会社が複数設立されて賃貸契約も行いやすくなりました。従来の賃貸契約では連帯保証人として身内や家族、友人などに依頼しないといけませんでしたが、こうした依頼は頼みづらいものですし、断られてしまうことも多いのです。しかし、家賃債務保証サービスが普及されるようになってからは連帯保証人も不要で契約者と不動産会社の双方に得になるのです。
家賃債務保証を行なっている会社を知っておくことは不動産の管理を行なう上でも重要になります。不動産を管理していると空き部屋を作ってしまうと収益に影響が出ますし、また空き部屋がなくても家賃の回収ができなければ損益になってしまいます。さらに家賃の滞納を行なった方の連帯保証人に請求をしても必ずしも支払いに応じてくれる訳ではないので心配になるでしょう。しかし、賃貸契約で家賃債務保証サービスを間に挟んで契約すれば、連帯保証人よりも確実な保証会社が代わりに支払ってくれるので損益は出ません。そのためしっかりと不動産で収益を上げることができ、不動産管理も行いやすくなるのです。契約者側も振込に間に合わなかった等があった場合は支払い遅れになることがないので安心できます。立て替えた家賃はしっかりと家賃債務保証を行なっている会社に振込しなくてはなりませんので払い忘れがないように気をつけましょう。